主人公の暮らす集合住宅では、お隣さんの風呂場の音がよく聞こえてしまう仕組みになっていた。普通の風呂場の音であればシャワーの水音や鼻歌だが、部屋に聞こえてくるのはなんと『喘ぎ声』! 最初の頃は腹も立ちはしたものの、慣れてしまったのとお隣さんはキュートな女子大生ということもあり、今ではいい『オカズ』として使わせてもらっていた。そんなある日、部屋のチャイムが鳴りドアを開けると、そこにはお風呂セットを両手に持った件の女子大生・小野瀬さんの姿が。話を聞くと給湯器が故障したからお風呂を貸して欲しいと頼まれてしまい…。可愛いお隣さんはまさかの××中毒!? 初めて見るアレを目の前に、強く激しくイキまくる! 気鋭のゆるふわエロス作家・こしのが贈る、ドキドキバスタイムH!
WEB SERVICE BY FANZA